プロジェクト風景(13)

こんにちは、兼任教員の鈴木です。

文科省プロジェクトが終わって学内の組織変更があり、だいぶ投稿の間が空いてしまいました。

さて11作目のビデオ教材の発表会を3月29日に行います。これまで新作発表会というのは行っておりませんでしたが、今年度はこれまでと違って学生が企画に関わり、企業選択から協力交渉、そしてキャストの一部を演じるところまで行いました。

結果的にこれは「法政大学ビデオ教材制作インターンシップ」となりました。担当した学生には大変だったと思いますが、へこたれずに最後まで頑張って良い作品を作り上げることができました。

発表会でも学生が素敵なプレゼンテーションを行ってくれると期待しています。多くの方にご覧戴けることを楽しみにしています。

▼新作の舞台は空港(航空物流)です

 

プロジェクト風景(12)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

新学期が始まり、大学が活気を取り戻してきました。私の担当するビデオ教材の制作作業もスタートです。

今回が9作目にあたり、これまで扱ったことのない業界を対象にしたいと模索しておりましたが、先日候補先を絞って依頼してみました。
いつか扱ってみたいと思っていた業界で、学生のニーズも高かったのですが、幸運なことにお引き受けて戴きました。

これからビデオ教材にふさわしいテーマに添った仕事事例を企業ご担当者の方と模索していきますが、こうした作業は楽しみです。
ちなみに、今回の選定するテーマの方針は以下の様なものです。

1.その業界らしい事例だが、一般の学生が知らない世界
2.個人ワークではなく、チームワークの仕事
3.大学の勉強とのつながりが明確

今回、打合せをお願いしてから教えて貰ったのですが、その企業ではスタジオを自社内にもっており、独自の広報活動を行っていることです。これはますます楽しみになってきました。

▼訪問先企業のスタジオ
001706

 

キャンパス風景(11)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

去る9月20日の日曜日に市ヶ谷キャンパスで「法政フェア」が開催されました。
シルバーウィークの真っ最中の日曜日でしたが、多くの方々で賑わっておりました。

「法政フェア」とは卒業生と卒業生の家族を母校に招いていろいろなイベントをしようという企画で、企業で言う「ホームカミングデイ」のようなものです。
(法政卒業生向けの大学祭のイメージで、模擬店などがたくさん出ていました。)

大学の公認団体をはじめ、各サークルもいろいろな展示や企画をしていました。家族連れが多かったり、年配のOBは間もなくなくなってします55/58年校舎の写真を盛んに撮っておりました。

▼体育会自動車部展示のジャガー(今でも立派に走ります。)
001688

外濠逍遙(14)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

8月末からの長雨が続いていますね。残暑がないのは助かりますが、こう雨が続くと残った大学の夏休みが勿体ない気がしてきます。

大学キャンパスは今が一番、人気の少ない時期でしょう。たまに夏合宿帰りの学生団体が集合していますが、図書館も空いており、晴耕雨読にはなかなか快適です。

いよいよ来週から秋学期の授業が始まります。また忙しくなってきて大変ですが、夏休みに一回り成長した学生達と会えるのは楽しみです。
▼「靖国通り舗道」
001229

プロジェクト風景(11)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

8月27・28日に4回目のビデオ教材研究会を行いました。今回は夏休みということで、集中勉強会として模擬授業などを行いました。
それぞれ10人ほどの参加者でしたが、密度の濃い研究会ができたと思います。やはりビデオ教材をどのように作るかと、どのように使うかは別の課題だと再認識しました。

1日目の模擬授業では、私の授業を受けていた学生(6名)に協力してもらい、ビデオ教材の視聴後インタラクティブ型の授業を行いました。お陰様でご参加の他大学教職員の方々からは好評で、いろいろなノウハウを学んだと伺えました。

学生との質疑応答(パネルディスカッション)でも、用意されていない質問にアドリブで答えている学生を見て私も感心していました。これが授業アンケートではわからない授業の成果なんですね。

2日目には、ビデオ教材の制作にご協力戴いた企業の人事担当者を招き、大学のキャリア教育や就職支援・産学連携の人材育成について等、有意義な話し合いが行われました。

次回(10月)は、また定例通り第一金曜日の夕方に行う予定です。また多くの方と意見交換できることを楽しみにしています。
▼企業人事担当者を交えての討議
001648

 

キャンパス風景(10)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

猛暑がいきなり涼しくなって長雨の季節になりました。
そんな怪しい雲行きの中で今年も8月末に市ヶ谷キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。 私も保護者向けにプロジェクトの解説を3回ほど行いました。自慢したいことはたくさんあるのですが、やはり一番は学生達ですね。

法政のオープンキャンパスは、200人以上の学生ボランティアで運営されています。 日頃授業で目立つ子は、こんな時にもリーダーシップを発揮しています。 逆に、目立たない子が活き活きして高校生に接していたり、再発見できました。

授業の評価は本当に難しいです。こうした教室外の学生のパフォーマンスはどうやって測ったものか。
成績評価も同時期だったので、こちらも考えさせられました。
▼キャンパスツアーの引率学生
001639

プロジェクト風景(10)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

7月3日(金)に3回目のビデオ教材研究会を行いました。今回は授業をうけた学生をゲストに招いてパネルディスカッションを行いました。
どこの大学でも授業評価アンケートを行っておりますが、こうして学生と一緒に意見交換して授業のあり方を考えるというのはリアルに課題を捉えられますし、そこから新しい授業のアイデアが浮かびます。

大学はいつの間にか学生は受け身で教えられるものになり、アクティブ・ラーニングや反転授業などの新しい手法が脚光をあびておりますが、授業そのものを学生と考えるという場があっても良いと思います。
海外では修士の学生がティーチング・アシスタントとして教員と一緒に授業を考え、教育スキルを身に付けておりますが、日本でもうまく導入したいものです。

次回(8月)は、夏休みなので集中勉強会という形で2日間、連続で開催致します。ビデオ教材の授業に取り組んでみたい方には絶好の学びの場になると思います。

▼第三回ビデオ教材研究会
001559

キャンパス風景(9)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

7月7日まで市ヶ谷キャンパスでは七夕イベントとして笹の葉&短冊が行われました。
昨年から行われている企画ですが、誰でも通りすがりに短冊に願いを書けます。

市ヶ谷キャンパスは新校舎の建築工事中で非常に狭くなっており、昼休みには中庭が超渋滞です。
狭いキャンパスを気分でも広くしようと職員が始めたものでしょう。

短冊を見ていると、やっぱり一番多いのは「単位」「彼氏・彼女」「お金」「内定先」が欲しいです。
七夕で夜空に願いをかけるのが物欲では夢がない気がします。(織り姫彦星だから色気はあっても良いですね。)
梅雨から台風のシーズンになってきました。大学も授業から試験のシーズンになります。採点するのも大変ですが、学生の願いが叶いますように。
▼「七夕ロード」の短冊
001563

プロジェクト風景(9)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

6月5日(金)に2回目のビデオ教材研究会を行いました。今回は有田先生による模擬授業形式で、受講者の皆さんに学生気分に戻ってのグループワークの体験をして戴きました。

使用した教材は、最新版のシリーズ8(化粧品業界の企画営業版)でしたが、学生が大好きな志望職種である「企画」というものの本質を議論して戴きました。
この業界で勤務されていた教職員の方々も居られ、「まさに仕事の現場で起きていることです!」とのご評価を戴きました。

研究会後は大学のスタッフクラブに場所を変えて交流会を行い、参加者の懇親を深めました。次回はビデオ教材の授業を受けた学生を交えての討議する予定です。

▼第二回ビデオ教材研究会
R0012693

外濠逍遙(13)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

関東の梅雨入りはまだですが、晴れた日には夏日になりますね。もう少しゆっくり季節の移ろいを楽しませて欲しいものですが、今や季節もデジタル全盛で中途半端がありません。

今の学生は無駄な時間を過ごすのは嫌なようですが、先日の授業でゲスト講師が「私は留年したけど回り道のキャリアも良いんじゃない?」という言葉には、多くの学生が共感しておりました。

市谷キャンパスから少し足を伸ばせば、北の丸公園や千鳥ヶ淵など自然豊かなところがたくさんあります。
学生にもたまには自然を愛でる散歩をして欲しいものです。
▼「外濠公園の紫陽花」
001524