プロジェクト風景(1)

こんにちは、特任教員の鈴木です。
GWが終わり、学生の授業履修登録も決まって授業参加の学生も
落ち着いてきました。1年生も学校や新しい生活に慣れ、ようやく
大学生としてのペースができつつあるようです。
サークル活動やアルバイトの課外・学外活動を始めるのも今頃です。
昔からの体育文化部・公認サークルから、バブル期から盛んになった
「飲みサー」から、今は「兼サー」(複数のサークルに所属し、
気が向いた時に気が向いたサークルに顔を出す)の時代のようです。
「何かやりたいけと何をしたらよいかわからない」、「新人勧誘の時期が
過ぎたので入りにくい」、こうした学生も多く見受けられます。
あまり考えずに飛び込んでみてから考えても良いと思いますが、

出会いより別れることを考えて臆病になるのは恋愛と同じでしょうか。
だったら私たちのプロジェクトに参加してみるのも一興でしょうね。
時間の限られたプロジェクトですから。
▼催事型インターンシップの説明会(2013.5.18 法政大学)
001112

外濠逍遙(2)

GWのキャンパスは賑やかです。今年は大型連休となったので、キャンパスでは合宿や帰省での土産話に花が咲いています。
ふと法政の高いビル(ボアソナードタワー)から見下ろしてみると、防衛省の陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地の中庭に、1ヶ月前に配備されたPAC-3がそのまま頑張っています。ニュースでの話題にもならなくなってきましたが、GWもなく24時間体制で備えている姿には頭が下がります。
▼陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地のPAC-3
000608