プロジェクト風景(3)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

学内のビジネスコンテストを勝ち抜いた学生チームが、企業の商品企画会議で自分たちの企画を提案しました。プロを前に、緊張気味の学生達でしたが力一杯のプレゼンテーションを行いました。

その後の質疑応答では、実用性、想定客層、価格戦略、様々な指摘を受け、提案の甘さを認識させられ、商品開発で考えなければならない多くのことを気づかされました。


学生が最後の感想で名言を発しました。
「今日はボコボコにされると思っていましたが、 会議は企画を潰すためではなく、創るためにあるとわかりました。次回も頑張りますので、宜しくお願い致します!」

リターンマッチが楽しみです。

▼商品企画会議で手作りのサンプルを説明

000997

 

プロジェクト風景(2)

こんにちは、特任教員の鈴木です。

春休みに入り、大学は入試作業の繁忙期ですが、学生を連れて企業での就業体験を実施中です。これは、年末に行ったビジネスコンテストで優勝したチームへのご褒美ですが、授業で教えている学ぶ技術の良い体験場です。

ご協力戴いている中小企業は、東京の下町で、今や貴重な昔ながらの製造現場があり大企業ではめったに見られない仕事場です。こうした製造や流通、販売の流れを見て、学生達はビジネスコンテストでは単なるアイデアでは通らないことを学びます。

参加させて戴いている会議でも、しっかりメモを取り、質問してもらっていますが、まさにそれが授業で教えている学び取る技術の実践です。

▼職人の技術に驚愕の連続の学生たち。
000990

 

授業風景(14)

こんにちは、特任教員の鈴木です。
(だいぶ書き込みに間が空いてしまいました。)
さて、来期シラバス作成が佳境です。 来期は授業科目の担当が倍増。まったく新しい科目も始めます。
(1日に4コマ授業の日もあり、恐ろしい・・・。)

外部講師の協力も得ながら複数科目の体系を作っていますが、これってまさにオーケストラの楽譜を書いているような気がします。春にはどんな演奏ができるか楽しみです。

▼神聖とは言いませんが、真剣にやってます。(笑)
猫の手も幽霊の足でも借りたいですが、そうはいきません。
001094