4月10日は法政大学の創立記念日です。

こんにちは、特任教員の鈴木です。

GWに入りましたが多くの大学では暦通りに粛々と授業が行われていますね。文科省のご指導で、授業日数の確保にはどこの大学も苦労されていますから。
そんな中、我が法政大学は、本日(5月1日)は4月10日の創立記念日の振替で休講となっております。流石に雇用・人的資源管理の研究ではトップレベルの大学です。そうしたことを知らずに過ごしている学生は多いですが、私の講義では必ず大学のルーツを伝え、大学のアイデンティティとプライドを養成するようにしています。
また新入生にとって、こうした自由な時間をどう使うかを自分で考えるというのは高校からのライフスタイルを切り替える貴重な機会です。大学生にも立派に大学生としてのキャリアはあり、それは講義だけではなく、サークル活動、旅行、趣味、アルバイトなどからも形成されます。そして、それらは自ら働きかけねばやってきません。
「大学が楽しくない」という学生もおりますが、「楽しい大学生活は待っていても来ないよ。自分から掴みに行きなさい。」と私は伝えています。
新入生もやっと大学に馴れてきた頃ですが、これからが本格的な大学生活の始まりです。彼らの入学時の新鮮な期待に応えて引っ張っていけるように我々教員一同も、GW明けの授業に向けて鋭気を養いつつ、来週の講義をどうするか思索しております。
どうぞ皆様も、実りあるGWをお過ごし下さいませ。
追伸:新教材「就業力育成ビデオ」に多くのお問い合わせ有り難うございました。今月、いよいよ初回講義を行いますが、状況についてはまたこちらのブログでもご報告して参ります。我々教員も学生の反応が楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です