授業風景(2)

こんにちは、特任教員の鈴木です。
毎回の授業で学生に提出させているリアクションペーパー。その日の授業での感想や質問を自由に書かせています。
ただ「自由に」というのは、なかなか難しいものです。自分で判断して書かなければなりませんから。そのため、以下のような基本的なヒントは伝えています。これはリアクションペーパーの採点基準でもあります。
1.量があること。
⇒用意された解答スペースは、暗にこれだけ書けという期待です。
相手の期待に応えるために書くもので、アンケートではありません。
2.見やすいこと。
⇒最近、読む前に判別不能な文字が増えてきました。
これはビジネスマナーと同じく、相手に対する配慮です。
3.漢字を使うこと。
⇒これも最近の学生は、ひらがなばかりで絵文字もあります。
それはそれで面白いですが、加点できません。
4.自分の意見があること。
⇒ただ授業の内容をペーストしてもダメです。
高校の授業と一番、異なる点で、解答ではなく回答を求めます。
5.事実+意見であること。
⇒ただ「参考になった」「役だった」ではダメです。
何がどう良かったのか参考になったのか、がわかりません。
これらはレポートでも論文でも、そして企業の求めるエントリーシートでも同じです。基本的に加点主義で採点しておりますので、これらを満たしていなければ、どんなに出席していても単位を出すことはできません。
これも今年は昨年より繰り返し伝えるようにしたので、昨年より書く努力は見えますが、本来はこれらは学生自身が自分で考えて行うべきことです。必要な情報や文献は無数にあります。そうした点を気付かせたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です